MENU

薄毛治療の効果と期間|自宅と病院ではどう違うか

薄毛を改善するための治療は、病院で行うのはもちろん市販品を使って自宅でも可能です。ただし、確実な効果があるのはやはり病院で医師の診察を受けることのほうで、自分で選んだ育毛剤では個人差があるようです。

 

そもそも薄毛といっても原因は一つではなく、最も多くの男性の悩みとなっているのは男性型脱毛症、男性ホルモンが原因となる薄毛だといわれています。

 

その他にも、加齢により全体的に薄くなってしまう薄毛や、ストレスが原因となる円形脱毛症などもありますし、食生活の乱れから頭皮の状態が悪くなったために抜け毛が増えてしまうこともあるようです。

 

自分で行う薄毛治療には育毛剤を使用することが多いと思いますが、もともと生えている毛を太く丈夫にすることはできても、抜け落ちてしまった部分には効果がない場合もあります。また、使用していても生え際の脱毛の進行を止めることができない場合もあるようです。

 

これは、選んだ市販の育毛剤が症状に合っていないことが多いようです。原因を見極めて適切な薬を使うことが、効果的な治療になります。そういうことであれば、やはり病院で診察を受けて原因がなんであるか調べてもらい、それに合う薬を出してもらうことが良いのではないでしょうか。

 

育毛剤をあれこれ使っても一向に改善する気配がない、何が良いのか分からなくなったというのなら思い切って病院に行くことで道が開けてくるかもしれません。薄毛で病院に行くことは抵抗があるかもしれません。でも、あれこれ試して費用が高額になったのに効果がないのは、お金だけでなく時間も手間もムダにしてしまうということです。

 

薄毛が気になってきたら、あまり間を開けずなるべく早く病院に行くことが結局お得なのかもしれません。

 

AGAは治療で回復ができる

AGAが原因で薄毛になったとしても病院での治療で回復ができる可能性があります。

 

治療法にはいくつかの選択肢がありますが、最もポピュラーな治療と言えるのが内服薬を利用する方法です。内服薬にはAGAの原因になっている特定の物質を抑制する働きがありますので、薄毛の進行を遅らせたり、発毛し易くさせる為にも有効性があります。

 

外用薬もポピュラーな存在ですが、外用薬には血管拡張作用があり、その働きによって毛根の活動を活性化させます。発毛剤としての役割ですが、一般の発毛成分とは違って医薬品であり、その効果は臨床試験でも確認されていますので、より強力なAGA対策が可能になるのです。

 

頭皮に注射によって有効成分を注入するという治療法もあります。注射で直接的に有効成分を届けることができる為、内服薬などを利用するよりもさらに高い効果に期待ができます。数回の施術で改善効果が出たという症例もあり、その効果はお墨付きです。

 

ただ費用が掛かる為、薬による対策の方が一般的となっています。

 

自毛植毛によってもAGAを治療することが可能です。自毛を植える場合は自分自身の髪の毛が必要ですので、広範囲に脱毛が見られる場合ですと治療ができないという短所もあります。

 

しかしながらドナーが十分に残っていれば薄くなっているところに移植を行い、発毛させることが可能です。また、発毛ができる可能性が高い為、薬に頼るよりも確実性があるとも言われています。

 

プロペシアの特徴と効果

男性が薄毛治療を受ける場合に用いられることが多いのがプロペシアと呼ばれる薬です。

 

男性はAGAが原因で薄毛になることが多く、その為の治療薬であるのがプロペシアですが、この薬に含まれるフィナステリドと呼ばれる成分に有効性があると言われています。

 

まずAGAの原因はDHTという物質であり、この物質には脱毛を促進する働きがあります。毛髪の成長サイクルを狂わせて成長期を短くしてしまう原因になりますので、それによって毛髪が育たなくなり薄毛になってしまうのです。

 

そしてプロペシアにはDHTを増加させない働きがありますので成長サイクルが正常化し、それによって薄毛を予防できるのが改善のメカニズムです。

 

AGAに有効性のある希少な薬ですので治療の現場でも処方されることがありますが、しかし誤解をしていはいけないことがあり、それはプロペシア単独ですと発毛が難しい可能性が高いことです。

 

プロペシアはDHTを阻害して抜け毛を予防する働きがある治療薬ですが、言い換えればその働きしかありません。発毛を促進するような作用は持っていませんので、発毛効果もあるとは言えない薬なのです。

 

また、プロペシアはAGAの進行を完全にストップさせるというものではなく、進行を遅らせる為の薬ですので、服用している場合でも薄毛は進行していきます。つまり発毛させる為にはプロペシアでは力不足であり、発毛を目指す場合は発毛促進成分のある発毛剤を使用するなどの対策が併せて必要になるのです。
薄毛治療

更新履歴
  • (2016/01/02)AGAを更新しました
  • (2015/12/30)発毛剤を更新しました